ubuntuで最初にスペースを入れたコマンドがhistoryに残らない理由

Pocket

ubuntuというかbashの話だが、自分が気付いたのはubuntu環境だったので。。。

ある日コマンド打っていて、たまたま最初に一つスペースを入れてから実行したら、履歴に残っていないことに気付いた。

分かり難いけど、echo fooはhistoryにいるのに、echo barはいない。

何となくhistoryに残したくない時は、スペースで始めればいいので、ちょっと便利と思い覚えていた。

続きを読む ubuntuで最初にスペースを入れたコマンドがhistoryに残らない理由

Pocket

Let’s Encryptの更新結果

Pocket

前に設定した、Let’s Encryptが、最初の更新時期に来た。Let’s Encryptは商用の証明書と違って3ヶ月で更新が必要となる。

前の記事でも書いたが、更新設定は、crontabにしている。

初回はきっと失敗するだろうなと思っていたが、難無く成功した。

うーん。更新も自動でしてくれるし、商用証明書の存在意義あるのって思ってしまう。最近Symantecやらかして、googleに怒られているっぽいし。

Pocket

貧乏でも常時SSL対応(Let’s Encrypt)

Pocket

最近(ていうか結構前から?)WEBサイトは常時SSLにしろ!的な流れである。

googleもSSLサイトをSEOで優遇するとか、appleもiOSのアプリでATSだとか言っている。

公衆無線LANとかで必要性は分かるのだが、このサイトのような、チラシの裏みたいな、世間的にどうでもいい情報しか発信してないサイトなんてどうでもいいだろうって個人的には思っていた。

また、常時SSLを訴えているのは、IT系の大企業で、そういう企業にとってはSSL証明書代なんて、微々たるもんだろうけど、毎月数百円のサーバー代ですら、生活を逼迫している自分にとっては死活問題だ。

もはや、WEBサイト運営は、大企業のみのものなのか!

古き良き自宅サーバーとか、個人サイトは、今のWEB界隈では不要と言うことか!

などと愚痴っぽいこと言ってますが、Let’s Encryptの登場で、SSLも無料で使える時代になりました。

あと、昔はSSLやる場合は、SSLサイト一つにつき、グローバルIP一つとか言ってたけど、それもSNIって仕組みで解決されている。

VPSとか、クラウドでグローバルIPが一つしかないサーバーでも、複数のSSLサイトの運営が可能。良い時代になったもんだ。

それでは自分の環境でやったチラシの裏のメモでも。

環境は、ubuntu 16.04のnginx

続きを読む 貧乏でも常時SSL対応(Let’s Encrypt)

Pocket

【続】ubuntu 16.04のFirefoxで最新のFlashを使う

Pocket

どうも嘘記事を書いてしまって、世の中に迷惑をかけてしまっているかもしれない。

いや。言い訳するとその時は、そのやり方で使えていたんです。

以下、普通に記事。

最近、ubuntu 16.04のFirefoxでFlashが使えていないことに気付いた。

なんか本来Flashが表示されるはずの場所に、こんなメッセージが表示されている。

Failed to load “libpepflashplayer.so”

いろいろ調べたところ、最終的には、普通にadobeさんが公開しているバージョンをインストールすればいいらしい。

嘘記事では、chromeをダウンロードして、その中に入っているFlashを使っていたが、いつの間にか、chromeからFlashが取り出せなくなって、あと最新版をadobeさんが公開したっぽい。(経緯等はさっぱりわからん)

以下、その手順

続きを読む 【続】ubuntu 16.04のFirefoxで最新のFlashを使う

Pocket

複数のメールファイルから添付ファイルをまとめて取り出し(munpack)

Pocket

メールファイル(今回だと1メール1テキストの形式)から、添付ファイルを抽出する際、1個くらいだと、メーラーにインポートして取り出してたけど、たまたま100個とかあって面倒だなって調べてみた。

mpack っていうパッケージに入っている、munpackってコマンドを使えば一発らしい。

 

インストール

ubuntuなら普通にapt-getでインストール。

 

使い方

これだけ。

-Cで展開先を指定しているけど、指定しなかったらカレントディレクトリ。

複数ファイルを扱いたかったら、forで回せばいい。

 

Pocket

clamavで特定のシグネチャを除外する方法

Pocket

前回は、特定のファイルを除外する方法だったが、今回は特定のシグネチャ(シグネチャって言うか定義と言うか適切な表現がわからん)を除外する方法。

今回除外するシグネチャ

Pdf.Exploit.CVE_2016_4207-1

元々、最近ウィルスじゃない普通のPDFが誤検知されることが多く、全てこの定義で誤検知されていた。んで、この定義だけ無効にしたいって話。

前回も書いたけど、古いバージョンでは対応してないかもしれない。

今回の環境。centos7でepelで入れたはず。

続きを読む clamavで特定のシグネチャを除外する方法

Pocket

clamavで特定のファイルを検出させない方法

Pocket

clamavを結構使っているのだが、特定ファイルが誤検知(かっこよく言うとfalse positive)される時があり、その対処方法。

特定の定義を除外する方法は、こっち

結構前にも調べたことがあったけど、その時は出来なかった気がしたのでclamav自体のバージョンも関係するかもしれない。

自分の環境は以下、centos7でたぶんepelから入れている。

 

続きを読む clamavで特定のファイルを検出させない方法

Pocket

Linuxで現在使っているドライバ(モジュール)を調べる方法

Pocket

既に動いているLinux環境で、

「あれ?こいつのDISKのドライバなんだっけ?」

とか

「あれ?こいつのNICのドライバなんだっけ?」

ってことが時々ある。

今までは、とりあえず、lsmodしてモジュール一覧を見て、あー。e1000いるから、Intel NICだろうとか、ふんわり確認してたけどもっとちゃんとした方法があった。

ただ、lshwコマンド使うのでどの環境でも行けるわけではない。まー無ければ入れればいい。

続きを読む Linuxで現在使っているドライバ(モジュール)を調べる方法

Pocket

pingの統計情報を終了しないで途中で見る方法

Pocket

結構長い間pingを打っていて、「あー。今統計情報見たいなー。でも止めたくないなー」って時に、止めずに統計情報を知る方法。

因みに、統計情報は、pingの最後に出るやつ

↑の最終行。

 

続きを読む pingの統計情報を終了しないで途中で見る方法

Pocket

Firefoxの開発者ツールでフォントを表示する方法

Pocket

昔は標準だったけど、いつの間にか、about:configで変更しないと表示されなくなった。

このページによると、Firefox47だけっぽい。48からは直るのか、ピンポイントでやられた。

表示する方法は、上のページにも書いてあるけど、

about:config 開いて

devtools.fontinspector.enabled

の値をTrueにする。

出ました。

firefox_font

まー。ソートーピンポイントなんでかなり意味の無い情報。

Pocket