Xperia Tablet Zの後継としてideapad Duet Chromebookを購入


いよいよXperia Tablet Zが壊れてしまった。我が家で最も古いandroid機器でありながら、最も新しいOSを入れていた名機だったので非常に残念である。

Xperia Tablet ZをAndroid 8(Oreo)に カスタムROM導入

何とか蘇生させたいと思い、バッテリー交換するも復旧せず(T_T)

禁断のオーブン焼きも実施するも復旧せず(T_T)

2013年発売だから、7年程動いてくれたので(しかも最新OSで)感謝である。

んで、後継機種をどうしようかと色々考えていた。

まず候補として上げたかったのが、同じXperiaのタブレットだが、最近SONYに限らずどのメーカーもタブレットに力を入れていない様子。

唯一力を入れていて、ラインナップも豊富なのがHuaweiだ。

ただ、Huaweiはアメリカから締め出しを受けていて、googleのアプリが入れられなくなるなど、今後の先行きが非常に不安なので却下。8インチのタブレットは持っていて性能的には満足していたので残念。

他に考えたのが、怪しい中華タブレット。何年か前に激安タブレットを買って金を無駄にしたのに再度検討。中華ですからあの時より激的に良くなっているだろう。Huaweiだって中華ですし。と本気で考えたがやっぱり止めた。

んで、最終的に決まったのがandroidタブレットじゃなくて、chromebook。


amazonは安いけどストレージが64GBで小さい

買ってしまった理由はこんな感じ。

  • なんとなく最近のgoogleはタブレットサイズなら、chromebook押しな気がする
  • 最近のchromebookはandroidアプリも普通に動く(ARM系CPUなら特に)
  • キーボードも付いていて、ノートPC的な利用も可能(むしろこっちがメイン)
  • キーボード外せば10インチタブレット
  • chromeOSという新しいものに触れられる
  • Linuxが動く(個人的にはここがデカイ)
  • Lenovoの品薄詐欺でついポチってしまった

正直タブレットの代わりというか、普通にラップトップモード(クラムシェルモード?)での利用が多い。

ただ自分が使いたかったandroidアプリは、全て問題無く動いているのでタブレットとしても使える。

まだまだ利用回数は少ないが、モノとしては満足している。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)