Xperia Tablet ZをAndroid 8(Oreo)に カスタムROM導入

Pocket

注: 公式のアップデートではありません

注: ミスると文鎮化する可能性があります

Xperia Tablet Z Wi-Fi(SGP312)を長いこと使っているが、そろそろandroidのOSも古いし、公式のアップデートも止まっているし、カスタムROMを導入してみた。

因みに公式のアップデートは、グローバル版だと、android 5.1.1なのに、日本は、android 4.2.2という残念な状況。

一応5.1.1に上げて、まだまだ快適に使えていたのだが、何となく最新のandroidにしたくて、思い切って上げてみた。

突貫的に上げてしまい、細かい情報とか取ってないので、若干あやしいところもあるが、自分用のメモ程度で記録として残してみる。

前提として

必要なもの

  • Xperia Tablet Z Wi-Fi(SGP312)の本体
  • 作業用PC
    自分はubuntu環境だがwindowsでも変わりないはず
  • microSDカード
    カスタムROMを置く用

必要な知識

  • コマンドライン操作に苦手意識が無いこと
  • android SDKが導入出来て、adb, fastboot でデバイスが認識出来ること
    開発者向けオプションとか、USBデバッグとか聞いて、?ってならないこと
    因みにlinux環境だとfastbootは何故かroot権限が無いとダメ

正直グローバル版にしたときの、flashtoolよりも楽だった気がする。

多分使えなくなるもの

  • 独自仕様のなにか
    正直元々何が出来ていたとか覚えてないのだが、標準で入っていたsonyのアプリとかは無くなります。BRAVIAのリモコンとかは無くなります。
  • テレビ(ワンセグ/フルセグ)
    え!こいつテレビ見れたの?

参考にするところ

https://forum.xda-developers.com/xperia-tablet-z/orig-development/rom-lineageos-15-1-t3735546

ここです。ってかここ見れば出来ます。

OSは、LineageOSってやつになります。カスタムROMでは、おそらく一番有名なやつ。

Bootloader Unlock

Unlockコード取得

Xperia Tablet ZはBootloader Lockされているので、Unlockしてあげる必要があります。

Unlockにはコードが必要ですが、Xperia WEBサイトから取得可能です。

ユーザー登録とか面倒なのかなと思っていたのですが、普通にWEBサイトのフォームに入力するだけで、即時発行されます。

https://developer.sony.com/develop/open-devices/get-started/unlock-bootloader/

こちらのページにアクセスして、下の方のDeviceでXperia Tablet Z Wi-FIを選んで、

IDID を入力してUnlockコードを発行します。

ただこのIDIDの確認方法なのですが、自分の環境では上のサイトの操作では出来なかったので

Xperia Service Menu というアプリをインストールして行います。

全くメモを取ってないので自信がありませんが、アプリを起動して

Tap Service info > Configuration > Rooting Status

だったかと。こちらでIDIDが確認出来たら、サイトに入力してUnlockコードを発行します。

Unlock実行

注: Unlockすると初期化されるので既存OSのデータは全部消えます

 

adb, fastbootの操作になります。

adbでデバイスが認識していること

 

再起動してfastboot状態?にします

 

fastbootでdeviceが認識されることを確認

 

unlock実行

0xの後ろはスペース等は無く、続けてコードを入力します。

他のサイトの情報では、「-i 0x0fce」オプションを付けるとあったりするのですが、自分の環境ではオプション無しじゃないとダメだった。

OKEYとか出ると成功しているはず。自分はオプションの間違いとかもあり、何回か失敗し、文鎮を覚悟しましたが、なんとか成功しました。

TWRPの導入

カスタムROMを入れるときに何かと出て来る、リカバリツール。

https://dl.twrp.me/pollux_windy/

ここからDOWNLOAD。因みにXperia tablet Z の Wi-Fi版は Pollux_windy ってやつ。

普通に最新版の twrp-3.2.3-0-pollux_windy.img を入れた。

ツールを導入

OKEYとか出れば導入完了

カスタムROMの導入

カスタムROMのDOWNLOAD

カスタムROM

https://androidfilehost.com/?fid=1322778262904022452

Gapps

https://opengapps.org/?arch=arm&api=8.1&variant=pico

ARM/8.1/pico を選択

これを入れないと、google playとか使えない

上の2つをDownloadしたら、SDカードに置いておきます。

カスタムROMインストール

カスタムROMを入れたSDカードを接続します。

TWRPを起動

 

こちらも全くメモを取っていないので、情報が無いが

フルWIPE(全削除)

カスタムROMインストール

Gappsインストール

で完了。雑

カスタムROM起動

再起動して、カスタムROMが起動することを祈って待ちます。

初回起動は結構時間がかかります。

 

導入しての感想

 

かなり良い!動作は快適です。android 5と比べて早くなったとかでは無いですが、動作はキビキビです。

個人的に一番良かったのは、マルチウィンドウ対応です。スマホでも対応しているのだが、やはりこれだけ画面がデカイとマルチウィンドウはかなり便利です。

既に5年経っている機種ですが、メモリ2GBなので全然バリバリ使えます。

世界的に売れた機種なので、カスタムROMも豊富で、まだあと5年くらい使えるんじゃないかと思ってしまいます。

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)