ubuntu22.04でWaylandからXorgに変更

前回、ubuntuを20.04から22.04に上げたのだが、少々不具合が発生していた。バージョンアップ後なので細々と問題があるのは仕方ないとは思うのだが、どうしても許容できないのが、端末 gnome-terminalの動作である。

gnome-terminalは毎日かなりの頻度で使うので、改善せねばなりません。
問題となった不具合は、以下の2つ

  • Alt+FやAlt+Tなどでメニューを操作するとなんか変
    メニューが出てもすぐ消えてしまう
  • GoldenDictスキャンポップアップが効かない
    単語を選択すると、辞書がポップアップするツールなのだが、端末だけ動かない。他のアプリは動く

ちょっと調べても回避用法は、分からなかったのだが、表題の通り、Waylandを諦めてXorgに戻したら回避出来た。

戻す方法は、ログイン時に、Ubuntu on Xorg を選ぶだけ。

なるべく新しいものを使いたいが、今回は諦める。Waylandよまたいつか。

ubuntu 22.04へアップグレード

22.04がリリースされて、結構経ったのでアップグレード作業。もう何回目になるだろう。LTSの2年があっという間に過ぎている気がする。年を取るものだ。

前回のブログなどを見ると、結構トラブっていた模様。ただ、8年前に購入したPCをアップグレードを繰り返して使えているので、素晴らしいことだと思う。OSSコニュニティに感謝。

アップデートは、CLI好きなのでコマンドで行った。

前回は、-dオプションを付けないと上手く行かなかったらしいが、今回は上手くいった。

続きを読む ubuntu 22.04へアップグレード

Firefoxでファイルを開いた場合の保存場所をDownloadsでは無くする

なんとも分かり難いタイトルだが、いつの頃からか、Firefox経由で外部プログラムでファイルを開く(PDFとかExcelとか)と、強制的にダウンロードフォルダに保存されているようになっていた。どうやらデフォルトの挙動が変更されたらしく、確かに初心者からしたら、さっき見たファイルが何処にもない!ってなるのよりは良いのかもしれない。

ただ、自分の場合は、長く慣れすぎているので、外部プログラムで開いた場合は、何処かのテンポラリーディレクトリで、保存したいときは、自分で指定するから大丈夫。

とのことで、設定変更方法を調べたところ、以下。

  1. アドレスバーに about:config
  2. 「browser.download.improvements_to_download_panel」 を true から false へ変更

これで従来通りの挙動になった。本当は本筋に従った方が良い気はするがとりあえず回避。

ubuntu20.04でUNDERTALE

前回steamゲームをインストールしたのでその続き。今回は実際にゲームをやってみる。2021年の年末に放送していたテレビ番組「国民5万人がガチ投票!テレビゲーム総選挙」で13位にUNDERTALEなるものがランクインしていたのだが、比較的上位なのに全く知らなかった。
steamのLinux版が存在するらしく、しかもセールだったのでsteam版で購入。ただ普通に遊ぶならswitch版の方が良いと思う。

UNDERTALEは見た目は2Dのショボい(レトロな)グラフィック。PCゲームはグラボ等の求められる性能が高いことが多いが、こいつなら大丈夫だろうとのことで、グラボも無い普通のノートPCしか無いが買ってみた。

結果特に問題なく快適に動いた。操作はPCのキーボードだけだとキツイので、PS4のコントローラーをubuntuにBluetoothで繋いだら、steam側で勝手に認識してくれて、何ら問題なく使えた。

UNDERTALEのゲームだが、一応クリアしたが、正直これほど評価されている良さが分からない。確かにサウンドは良いかなとは思うが、ストーリーとかはちょっと良さが分からない。おっさんじゃダメなのかも。

ubuntu20.04でsteamゲームをインストール

前々から存在は知っていたのだが、ゲームプラットフォームのsteamには、Linux版も存在するらしい。
長年Linuxを使用して来て、ゲーム環境はWindowsのみで諦めるしかなかったのだが、面白そうなので試してみた。
今回は自分のPC環境のubuntu 20.04にsteamをインストールした。
手順は説明するまでも無く簡単だったが念の為備忘録として。

続きを読む ubuntu20.04でsteamゲームをインストール

bashのhistoryに日時を入れる方法

いや。何年毎日bashと向き合って来てたのよ。と言いたくなるくらい簡単な方法があった。環境変数HISTTIMEFORMATにフォーマットを指定するだけ。

ただ過去のhistoryには正しい日付が入りません。これからのhistoryに入れるには.bashrcとかに設定します。システムワイドでよければ /etc 以下のbashrc で。

今までhistory見て、実行した時間が分かれば便利なのにと思ったことが何度もあったけど、これで救われる。

GNOMEの拡張機能が無効になる

ubuntu 20.04環境で、ある日突然gnome拡張機能が無効になった。自分は、時計を右に持っていく拡張(Frippery Move Clock)と、時計のフォーマットを変更する拡張(Datetime Format)を使っているのだが、地味に困る。発生条件としては、xrdpで接続されると必ず起きるらしい。

対処方法はgnome tweaksで拡張機能を有効にする。

gnome tweaksが入ってない場合はインストールする。

なんか自分の環境だと、ubuntu tweaks なるものも入っていそう。そもそもLTSのアップデートを何度も繰り返しているので、その辺りも今回の現象に影響していそう。いつかクリーンインストールしたい(多分やらない)。何度もアップデートして使えているのもすごいですけどね。さすがdebianの系譜。

Linux環境でWindows10のインストールUSBメモリを作成

もうISOファイルをCDに焼いて、CD bootしてOSのインストールなどやってられない。
ISOファイルをUSBメモリに入れて、USB bootしてインストールするのがあたりまえ。Linuxであれば今まで何度もやってきたが、はてWindowsをインストールする場合はどうするんだ。しかも自分の環境はLinuxしかないけど。という状態。

調べたところ、UEFI環境であれば、意外と難しいことはないっぽい。流石にもうほぼUEFIのはず。
ざっと以下の手順。

  1. Windows10インストールISOをダウンロード
  2. USBをMBRではなくGPTにする
  3. USBをFAT32でフォーマット
  4. ISOの中身をUSBに全部コピー
  5. 現在のインストーラーは4GBを超えるファイルがあるので分割

4GBを超えるファイルで少しハマったが特に難しいことはない。

続きを読む Linux環境でWindows10のインストールUSBメモリを作成

wordpressのAMP対応を止めた

wordpressにてampプラグインを入れて、スマホ向けにampを用意していたのだが、結局無効にした。ampはスマホ向けに最適化してくれるらしいのだが、表示が崩れたり、自分の場合はampのプラグインに若干の修正を入れていてアップデートの度に修正をするのが面倒だったので無効にした。

手順としては、ampプラグインを無効にするだけだが、amp用のURL(末尾に/amp/)へのアクセスをリダイレクトする設定も入れた。

続きを読む wordpressのAMP対応を止めた

ubuntuのファイル(nautilus)の一覧表示で空白を右クリックする方法

文章で説明しようとするとちょっと分かり難い気もするが、かなり昔から地味に困っていたことの回避策が見つかった。

自分の場合はファイル(nautilus)は、アイコン表示ではなく、一覧(リスト)表示が好きです。恐らくWindows時代からアイコンではなく一覧表示だった気がする。その場合新規のファイルを作成する時は、空白部分を右クリックして作成している。

空白を右クリック
続きを読む ubuntuのファイル(nautilus)の一覧表示で空白を右クリックする方法