ubuntu 22.04へアップグレード

22.04がリリースされて、結構経ったのでアップグレード作業。もう何回目になるだろう。LTSの2年があっという間に過ぎている気がする。年を取るものだ。

前回のブログなどを見ると、結構トラブっていた模様。ただ、8年前に購入したPCをアップグレードを繰り返して使えているので、素晴らしいことだと思う。OSSコニュニティに感謝。

アップデートは、CLI好きなのでコマンドで行った。

前回は、-dオプションを付けないと上手く行かなかったらしいが、今回は上手くいった。

アップデートって、apt-get dist-upgrade じゃなかったっけ?と思ったけど、前回もこのコマンドを実行していたらしい。

dockerがaufsを使っているとアップデート出来ないと怒られたので、aufsからoverlay2に変更したところ続行できるようになった。

自分の環境では、5GBほどのダウンロードが走った。

しばらく放置していたら、予想通りトラブルに見舞われた。

  • ロック画面が表示されるも、ログインできない状態
  • 強制再起動
  • GUIも表示されない

もうどうにもならず、Alt+Ctrl+F1とかF12くらいまで色々連打してなんとかコンソールログイン

なんかを、とにかくテキトーに実行したところ、とりあえずログイン出来て使えるようになった。

一部パッケージの依存関係が壊れていたようだがあ、自分は以下で全て解決した。

あと、インストール途中でネットワーク設定も壊れていたので、resolv.conf の手動設定とかもしたはず。

色々ありましたが、なんとか無事アップデートが完了したはず。Linux 1年生とかだったらちょっと無理だっただろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)