chromecastを買ってみた


なんだか日本で発売になってから結構時間が経ってたようで、既に話題性もさほどなさそうだけど、chromecastを買ってみた。

まー。安いし。失敗してもそんな痛くない。

こいつでなにが出来るかって言うと、テレビのHDMI端子に接続して、動画や音楽の再生が出来るってすぐれもの。

基本的には、クラウド系の動画サービス(Google Play ムービー& TV とか  dビデオ とか)を、テレビで再生させるためのもの。

ただ、自分はそういったサービスはまず使わず、ローカルに保存している動画を再生したいので、購入前に調べたところ、DLNAの動画も再生出来るとのこと。それなら自分でも結構使い道ありそうなので買ってみた。

動画の形式はかなり制限があり、ほぼH.264だけと思っておいた方がよさそう。

サポート形式

最近はH.264のみだからいいのだが、古い動画とかだと別の形式だったりするのでそうなると再生出来ない。

まー。そこは今までどおりノートPCを直接テレビにつなげばいいのでそんなに気にしないことにする。

基本的には、HDMIに接続して、Android端末からセットアップを行う。セットアップは非常に簡単だが、自分の環境では、WI-FIが,802.11aを使っていたため、802.11gに切り換えないとうまくいかなかった。802.11aなんて世界的に見ればマイナーでしょうから仕方がない。

セットアップが終われば、android端末から、動画をchromecastに転送するだけ。ただ、androidアプリ側で対応している必要があるので、転送出来るアプリはかなり限られる。まず動かしてみたいだけなら、youtubeが一番簡単だと思う。

で、自分のやりたい、家の中にあるDLNAサーバの動画再生だが、DLNAをchromecastに転送出来るアプリとしては、使ってみた感じ以下がおすすめ。

BubbleUPnP

UIは日本語化されてないけど、日本語のファイルも普通に読めるし、やりたいことは出来る。

で、次にお勧めなのが

LocalCast

こちらもUIは英語だが普通に使える。しかも上のアプリでは出来ないファイル共有からの再生も出来るすぐれもの。NASとかに入っている動画も再生出来るので、DLNAサーバいらず。

ただ、自分の場合は以下の点でBubbleUPnPの方を使うことにした。

  • NAS(CIFS/SMB)に置いてあるファイルは、形式が古いのでそもそも再生できない。(完全に個人的な理由)
  • LocalCastだとファイル名が省略されてしまい、長いファイル名だと動画を識別出来ない。(設定があるのかもしれないが見つからなかった)
  • LocalCastはAndroidの通知領域に常駐しない。(アプリを起動し直せばいいだけだが、ちょっと面倒)

こんな感じ。

当分はBubbleUPnP一択で行くと思う。

ちょっと不満な点を上げると、早送り、巻き戻しが微妙。デジタルデータだとある程度仕方がないのかもしれないが、シークバーで操作するのがどうも自分の思うところに行かない。早送りボタンを長押しすると30秒(変更可)進めたり出来るのだが、ちょっとストレスがあって使いにくい。アプリかchromecastかはたまたDLNAサーバなのか分からないが、この点だけはちょっと不満。

まーでも全体的には使えるし、何より安いので大変満足している。


ubuntu 14.04 を無線LANアクセスポイントにする


表題のままなのだが、ubuntu 14.04 を無線LANアクセスポイントにしてみた。

無線LANルータが格安で販売されている今日このごろに、なんでこんなことやってるんだろというツッコミは後にして、前提条件など。

  • OSはubuntu 14.04 でデスクトップ版です。
  • 無線LANは、過去にamazonで買った格安のこいつ(WLI-UC-GNM)
    激安だけど、802.11nまで対応していたはず。期待はしないけど。
  • モードはブリッジモード。LANと別セグメントにしたくないから。
  • ノートPC1台つながれば良いので、MACアドレス制限とか、ステルスSSIDとかでやってみる。

設定などなど

NetworkManagerを止める

後の方に気付いたけど、最初に止めた方が無難。

Desktop PCで、固定IP運用なので、そもそもこいつは必要ない。なので、NetworkManagerを止めて、手動での設定に移行する。

まず動いているか確認

いたら止める。

自動起動を止める。

今は、こんな方法なんですね。

必要パッケージをインストールする

ブリッジのやつと、アクセスポイントのやつ

Network設定を手動に移行する

自分の場合は、既に手動になってた(NetworkManagerは起動してたけど)が念の為確認。

こんな感じの設定、ブリッジ設定もやってます。ミスるとネットワーク繋がらなくなるので要注意。設定終わったら再起動しといた方が無難。

無線LAN(wlan0とか)のブリッジは、hostapdがよろしくやってくれるのでここでは設定しない。

無線LAN(WLI-UC-GNM)を挿す

別にいつでもいいけど。iwconfigでwlan0(無線LANが1つの場合)が見えてればたぶんOK。

ドライバーとかもよろしくやってくれるはず。

ドライバっぽいやつら

hostapdの設定

やっと本番。

自分はこんな感じの設定にした。

MACアドレス許可リストファイルを作っておく。  

  パーミッションもきつめにする。

  自動起動の設定 /etc/default/hostapdのファイルに、DAEMON_CONFを定義

  デーモン起動

  正しく起動すれば、きっと使えるはず。