LIFEBOOK U938/Sのメモリ・SSDを増強

Pocket

中古ノートを買ったので当然スペックアップ。こちらのモデルはメモリを1枚追加可能。SSDは交換可能。

購入パーツ

買ったSSD

500GBでもいいかと思ったが思い切って、1TBにした。1TBでも1.5万円いかないくらいだった。SSDは激的に安くなっている。もーそろそろHDDいらなくなるのかな。20TBが1万くらいにならないかな。
このSSDはNVMeというよくわからんけど早いやつらしい。標準で付いているのは、SATAらしいので容量だけでなく速度も早くなるらしい。

メモリ

DDR4-2400(PC4-19200)の16GB。メーカーの仕様では、増設は8GBまでらしいのだが、ネットでは16GBも行けるとのことで購入。実際に問題なく認識された。オンボードと合わせて20GBになる。

交換

裏蓋を開ける

ネジを外すだけ。ノートPCの分解は、縁が噛み合っていて、外す時に割れないか神経を使う場合が多いのだが、こいつはネジを外すと簡単に外れる。

メモリとSSDを交換

青枠の左がメモリで右がSSD。特に難しいことなく交換可能(説明雑)。SSDはネジで固定されているのでドライバーでネジを外す。

蓋を閉める

開けた時のネジを全部閉めるだけ。

交換作業は本当に簡単でした。

確認

メモリ

BIOS上で20GBになっていることを確認。本当はMemtestとかやった方が良いのだが面倒なのでやらない。

SSD

普通に容量を確認するだけ。

ベンチマーク

Windows環境があるので、あのベンチマークが実行できる。

旧SSD

新SSD

は、速い。

まとめ

交換作業は非常に簡単で、メモリ盛り盛り、SSD爆速のPCが出来上がった。
本体4.2万円、スペックアップ2.5万円で6.7万円で完成。うーん。貧乏なのにちょっとお金使いすぎたかな。用途も決まってないのに。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)