Rapberry PI 2 B を自動アップデートさせる

Pocket

探せばいくらでも情報あるだろうと思ったが、Raspberry Piでは意外と自動アップデートの情報がない。

Raspbianもベースはdebianだし、日頃使っているubuntuと変わらないだろうと調べたら普通に同じパッケージがあった。

unattended-upgrades

ubuntuではいつもこいつにお世話になっているので、Raspbianもこいつにアップデートしてもらう。

インストール

 

定期実行の設定

新規でファイルを作って、2行追加します。

 

アップデート対象の設定

コメント(//)を外します

 

追加のリポジトリとか入れてたら、適時追加します。自分の場合はKodiを入れているので、

“o=Mene”;

って追加してます。このOriginの調べ方がよく分かりません。
/var/lib/apt/lists/以下をにらめっこしてると分かるような気がします。

特定のパッケージを自動アップデートから、除外したい場合は、

Unattended-Upgrade::Package-Blacklist
の中に記載します。サンプルでvimとかあるのでそれを見ればなんとなく分かります。

確認

気が向いた時に、
/var/log/unattended-upgrades/unattended-upgrades.log
を見ると自動アップデートされたログが出てるかもしれません。

unattended-upgradesは設定したつもりが、設定の不備で実行されてなかったりするので最初の1回はログを見て確認した方が良いです。

メールで通知する設定もありますが、mailxの設定も必要になってくるので割愛します。
(めんどい)

実際に次の日確認

ちょうど、アップデートがあった。bind9系が上がっている。よく見ないとログは出力されていても、アップデートされてない時があるので、Packages that are upgradedの行をじっくり見る。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)