tcpdumpでSTP(802.1d)を除外


tcpdumpを実行していると、以下のようなパケットが流れてちょっとうざい時がある。

 

どうやら802.1d(スパニングツリー)用の、パケットのようだ。

恐らく仮想環境のLinux bridgeでSTPが有効になっていて流れているのだと思う。

tcpdumpに以下を指定すれば除外出来るとのこと。

not ether proto 0x42

実行はこんな感じ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)