Linuxでハイフン(-)で始まるファイルを消すとき

Pocket

あまりあるケースでは無いが、何かの拍子にハイフン(-)で始まる、ファイルが出来ちゃったりする。

当然ミスって作ったファイルなので、消そうと思うのだが、ハイフンで始まるとオプションと解釈されてしまい

クォートしようと、エスケープしようと消せない。そんな時の消し方は、

  • 相対パスで指定する

    カレントからのパスを指定してやれば、オプションと解釈されません

  • オプションの終わり(--)(ハイフン2つ)を宣言する

どちらでも消せるのでどっちでも良いが、オプションの終わり(--)は、たまに役に立つ時があるので覚えておくと良いと思う。

--を解釈してくれないコマンドも結構ありますが:-P

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)