disownしたプロセスの標準出力や標準エラーを後から保存する

Pocket

前の記事で、disownの素晴らしさを紹介したが、基本的に標準出力・標準エラーを諦めることになる。

調子の悪いHDDの丸ごとコピーとかだと、標準エラーを後で見たいので、なんとかならないかネット検索したところ、

gdbで接続して、dup2で標準出力・標準エラーをファイルに繋ぐなんて荒業を紹介している人がいた。

dup2なんてCプログラマじゃなきゃ使おうとも思わんな。

流れとしては、

 

  • 特定のコマンドをdisownする。前の記事参照。
  • プロセスIDを調べる
  • 標準出力、標準エラーのファイルを用意する
  • gdb -p で接続する
  • dup2でファイルに接続する。
  • デタッチ
  • gdbを抜ける

 

うーん。絶対忘れる。

 

以下、サンプル。実際はcpとかでやると思うが今回は、標準出力と標準エラーが分かりやすいようにしている。

標準出力にはdateの結果、標準エラーにはerrorを5秒間隔で。

うーん。非常にメンドイ。なるべくnohupを使いましょう。それか日常的にscreenを使いましょうってことですね。

ただ、考え方は非常に面白いので、覚えておくのはいいと思う。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)