ubuntuでUSB HDDケース(CSDRU3B6G)


別にubuntuに限った話では無いのだが、USB HDDケースを買った。

最近のLinuxなら、USB-HDDは特に意識することなく認識するので、

そんな悩む必要も無いのだが、無駄に悩みまくって、最終的にこいつを買った。

同じセンチュリーの裸族のお立ち台シリーズにしようかと思ったのだが、

スライドして差し込めるタイプのこいつの方が、使い勝手がよさそうなのでこいつにした。

以下、良い点。

  • 安い。多分お立ち台より安いし、他のUSB3.0対応でもここまで安いのなかなか無いのでは。
  • USB 3.0対応(当面自分の環境では使わないが)
  • ちゃんと本体に電源スイッチがある(普通のことかもしれないが)
  • スライドして取り外すのが簡単
  • 3TBytes超えのディスクも認識
  • 同じやつを買えば、重ね置きも可能

金額的にも、機能的にも大満足。別に不満では無いが気になるところを強いて言うと

  • 安っぽい(ホント安いプラスチック)
  • アクセスLEDが青い(部屋が真っ暗だと気になるかも。まー隠せばいいだけ)

ちなみに一緒に買ったHDD。

なんか最近Western Digitalばっかりだな。もちろん簡単に認識した。

ただ、今回3TのHDDを初めて買ったのだが、昔から持っていた、SATA-USB変換ケーブルだと、認識してくれない。

今回買ったHDDケースもう一個買ってもいいかな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)