linuxで中国からの通信を遮断

Pocket

ニュースを見ていたら、9月18日は、中国からのサイバー攻撃が増えるらしい。

参考

理由は歴史的な背景にあるようだが、システム管理屋としては、攻撃に対しては何らかの防御策を準備しなくてはならない。

理想は全てのシステムを、脆弱性など無い万全のものにしておくことだが、なかなかそんな理想なんて言ってられない。

ということで、手っ取り早くやるとなると、中国からの通信をブロックしてしまえばいいんじゃん。という安易な考え。

国別のIPアドレス割り当て情報は、apnicのサイトでわかるので、そちらを元にiptablesでブロックするようにした。

実際に攻撃を受けて、どうしょうもない時に、以下のファイルをダウンロードして、rootで実行

中国フィルタ用iptables(cn-filter.sh)

※毎日更新

ダウンロードして、以下のように実行

ファイルの中身

有無を言わさずINPUTの一番目のポリシーに差し込むので、どんな環境でも使えるはず。

一応iptablesを設定するので、出来ればリモートじゃなくコンソール画面で!

最悪通信出来なかった場合を考え、cronで数分後に無効にする設定もおすすめ。

コマンドで入れ込むので、保存はされません。起動時に有効にしたい場合は、各OSの設定にしたがってください。

一度作れば簡単だったので、韓国版も

韓国フィルタ用iptables(kr-filter.sh)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)