サーバの管理ボードをリセットする ipmitool mc reset cold

Pocket

最近のサーバだと大体付いているipmi

統一規格のため、メーカが違っても同じように使えるし、linuxでも問題ないのでかなり重宝している。

リモートから電源を上げられたり、OS不要でボードの状態を確認出来たりと、今までお手上げ状態だった状況からもなんとか復旧出来たりする。

ただ、たまにipmiの管理ボード自体がおかしくなってるときがある。(特に管理WEBへのhttpsでコケる気がする)

そんなときは、管理ボード自体を再起動できる。しかもOS側は動作したままで!

上記実施後、5分くらいで管理ボードの再起動が終わります。IBM、NEC、FUJITSU筐体で試してはいるが、どのメーカもOS側には何ら問題はなかったので他メーカでも問題無いと思う。

また、上記コマンドですが、debian系ならそのままの名前ipmitoolでインストール出来ると思う。

centosでは、OpenIPMI-toolsでいけると思う。追加のリポジトリ(remiとかrpmforgeとか)が必要かも。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)