メモリをメッチャ使ってみる


前回cpuに負荷をかけてload averageをメッチャ上げてみたが、今度は、メモリをひたすら消費するとどうなるか見てみます。

今回もwatchdogタイマーの動作具合を見るのが目的です。

まず、以下のようなコードを書いて

 

 

 

コンパイルして、

 

 

 

実行します。

 

 

メモリをジワリジワリと消費して行って、そのうち強制終了されると思います。

その間、経過を見るため他のコンソールでtopします。

 

 

 

RESの値が搭載メモリ近くになると、強制終了すると思います。このRESの値が実際に確保する値です。malloc時に

もっと多めに取れば、早く確保出来ると思ったのですが、あまり値が大きいと仮想メモリ(VIRT)ばかり増えて、

実メモリ(RES)が少ししか増えなかったので、小さめにしていっぱい回します。

RESが搭載メモリ近くになると、コンソールの反応とかも悪くなりますが、しばらくすると対象プロセス(mem_full)が

強制終了されます。この強制終了は、有名なoom-killerさんが行なってくれます。

syslogを見ればそんなメッセージがあると思います。

ただ、必ず予想していたプロセス(mem_full)とは限らず、他の正常プロセスも落とされる可能性があります。

ここまでやってメモリを食い尽くすプロセスがいても、きっとoom-killerさんが良きに計らってくれるので

watchdogタイマーで落ちることは無さそうです。

せっかくなので、今度は、メモリ食い尽くしプログラムを同時多発的に実行してみます。

 

 

 

とりあえず100個実行します。topで見るとわんさかプロセスがいます。

コンソールのレスポンスも激遅になり、topの表示も更新されなくなるが

地味にoom-killerさんも動いており、watchdogのリセットが実行される形跡はありません。

watchdogデバイスに定期的に書き込んでいるのは、CentOSにあったその名もwatchdogな

パッケージでインストールしたデーモンなんですが、こいつが何とか頑張っているようです。

この状況だとコマンドも打てないので、強制的に電源を落とすしかありませんでした。

watchdogの意味なし。

一応CentOSのwatchdogでは、load averageにしきい値を設定出来そうなので

それで対処するのもありかと思います(未検証)。

ただしきい値の設定は頭の痛いところです。因みにこのテスト実施時は160くらいいってました。

また、デーモンタイプのwatchdogでは性能が良すぎるのかとも思います。都度コマンドを実行して

デバイスに書き込むタイプの簡易的なものなら、おそらくコマンドの実行が出来ずwatchdogからリセットがかかる可能性が高い気がします。

うーん。watchdogに期待しすぎなのかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)