プログラミングに最適なフォント Ricty をインストール


前回、プログラミング時に最適なフォント「Inconsolata」 をインストールしたが、

Inconsolataと日本語フォントを組み合わせた、Rictyなるフォントがあるらしいのでそちらをインストール。

Ricty公式サイト

インストールは、公式サイトにて細かく説明されていて、それを参考にすれば特に困ることは無いと思う。

以下、自分の環境(ubuntu 12.04)でのインストール手順

・Fontforgeのインストール

テキトーなディレクトリを作って、そこで作業。

・Inconsolataの取得
公式サイトよりInconsolata.otfを取得

・Migu 1Mフォントの取得
M+とIPAの合成フォント よりMigu 1Mフォントを。
migu-1m-YYYYMMDD.zip

・Ricty生成スクリプトをダウンロード

Ricty公式サイトより

作業ディレクトリに、以下のファイルを用意

Inconsolata.otf

migu-1m-regular.ttf

migu-1m-bold.ttf

ricty_generator.sh

作業ディレクトリで、以下を実行

Ricty-Regular.ttf
Ricty-Bold.ttf
の2つのファイルが作成される。

これを個人的に使用する場合は、~/fonts/以下に配置。
ubuntuならNautilusで表示して、対象ファイルをダブルクリックすればフォントのインストールが可能。

システム全体に適用する場合は、/usr/share/fonts/truetype/以下にテキトーなディレクトリを作って配置。

適用する場合は、

RictyのReadmeにも書いてあるが、gnome-terminalで指定できない場合があるとのこと。
自分の環境でもダメだった。

その場合は、gconf-editor などで
~/.gconf/apps/gnome-terminal/profiles/Default/%gconf.xmlの font を直接編集する必要がある。
編集したいプロファイルを変える場合は、Defaultの場所を変える。

以上で快適な、ターミナル環境が得られた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)