vimでクォートで囲まれた文字列の置換


あー。どうしても忘れてしまう。

今日ちょうど、「今こそ使う時だ!」って時にすっかり忘れていた。

変数なんかで、シングルクォート(‘)で囲まれている文字列を丸ごと置換したい時がままある。

囲まれてるのが、単語だったら cw で一発なんだが、pathが含まれてたりすると、一文字ずつちまちま消したりと面倒。

そんな悩みを解決してくれるのが以下(シングルクォート版)

 

ci’

 

ダブルクォート版

ci”

 

「ci」 と「囲んでるやつ」で結構出来る。

 

カッコ系でも出来る。まー便利。

 

さー。これで忘れないだろう。