【続】スポーツスターXL1200Sバッテリー交換

Pocket

以前もやったが、また、スポーツスター(XL1200S)のバッテリーがあがった。

前回が、2014年4月で、今回が2017年4月なので、ちょうど3年は持った。最初は純正品だったはずで、そいつも3年だったので、性能としては十分だと思う。

前回は、バッテリー液が注入済みで、充電済みのやつを買ったが、今回は、ケチって自分で液を注入するタイプにしてみた。

 

発注後3日位で到着した。

以下開封の儀

開封

まさかの、「ありがとうございます」

 

付属品

バッテリー本体、バッテリー液×2、ネジ、充電器につなぐケーブル。

この充電器につなぐケーブルを付けて、バイクに取り付けると、対応している充電器を持っていれば、直ぐに充電可能です。自分は駐車場を借りているので、電源が確保できないため付けませんでした。

 

バッテリー液注入

念の為、変なガスとか出ると恐いから、外で行ってます。

このテープを剥がして

 

バッテリー液は、この銀色のテープが付いたまま、バッテリーにぶっ刺します。バッテリー側が鋭利なっているので、銀色のテープに穴が空きます。

 

こんな感じで、液が入っていきます。2本きっちり入れます。結構すんなり入らないので、バッテリー液を揺すったり、角度を変えたりしてました。気泡の上がり具合で、液が入っているか分かります。

 

ちょっと放置

液が入りきったら、蓋を密閉しない状態で、ちょっと放置します。確か1時間くらいだったと。

ゴミが入ると嫌だったので、蓋を置いてます。

 

完成

一時間放置したら、完全に蓋をして完成。自分は、充電器を持っていたので、念の為充電したけど、そのままでも使えるはず。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)