2014/10/14 サッカー日本代表対ブラジル代表がシンガポールで開催される理由


本日(2014/10/14)サッカーの日本代表対ブラジル代表があるのだが、開催地がシンガポール。

なんで?どっちかのホームじゃないの?て思ってネット検索。

まー。結論から言うと、ブラジルのアジア戦略っぽい。

11日には、北京でブラジル代表対アルゼンチン代表なんて熱いカードをやっているので

アジアを意識した親善試合を展開している模様。当然ホスト国とやったほうがいいのだが、

中国・シンガポールの代表では、ちょっと力不足ってことで、他国を呼んでるのだろう。

そういう意味では、対戦相手に日本を選んでくれたことは、光栄なことのように思う。

ただ今日の試合結果にもよるだろうけど。

実際シンガポールで、日本代表とブラジル代表が戦ってチケットって売れるの?

とか思うけど、この記事によると売れ行きは好調の模様。

まー。ブラジル代表のブランドイメージは凄そうだし、シンガポールも同じアジアでちょっと日本代表とかも知ってくれてるのかもしれない。

 

日本人にとっても、現地で観戦するシンガポール人にとっても面白い試合になるといいですね。